台風タラス(12号)- 熊野史上で最悪の台風

9月3日から4日にかけ、動きの遅い台風が熊野地方の上空に留まって厚い雲を作り、記録的な豪雨をもたらしました。一部の地域では通常の半年から一年分の雨が降り、未曽有の大災害になりました。これは2万年に一度の豪雨、との新聞報道もあります。

熊野は元来、雨の多い地方です。しかし、今回のような豪雨は誰も知りません。谷間が大きな湖のようになっています。この豪雨は山津波を引き起こし、被害をさらに大きくして人命も失われました。多くの家屋や商店があっという間に流され、命からがら助かった人もいます。道路が56カ所で寸断され、多くの集落もひどく被災しています。

ありがたいことに、ほとんどの住民は助かりましたが、老人を中心に助からなかった人たちも少しいます。10月24日現在、新宮市では13人の死者と1人の行方不明者がいます。道路と住民の資産が莫大な被害をこうむっています。多くの住民が家屋や家財を失いましたが、損害保険をかけていない人たちもいます。だから、被災者たちは地域による支援や、友人・隣人たち、そしてあなたの援助に頼らざるを得ないのです。

姉妹都市のサンタ・クルズ(カリフォルニア州)と名取市(宮城県)、それに世界中の多くの友人たちからの、お便りと見舞金に心からのお礼を申し上げます。

ここをクリックして送付方法をお確かめください。

もし義捐金をお考えの方は、ここをクリックして送付方法をお確かめください。

Share
This entry was posted in イベント, ビデオ, 最新にユース, 熊野一般情報. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>