新宮お灯祭り 第4部

火祭りシリーズの最終部になりました。 今までいかがでしたか? 興味深い場面がいくつかありましたが、大人と子供が一緒に参加している場面もありましたね。ここでは心を混乱させる言葉はあまりなく、もし注意深くご覧いただけば、このヴィデオで日本文化の精神をたくさん学んでいただけます。

毎年2月6日、2千人以上の男性が、大人も子供も一緒になって、何百段もの石段をごとびき岩まで上り、神倉神社の境内に押し込まれます。日本人写真家のふつう狙わない情景を私は映そうと試み、まあうまくいったと思っています。つまり、狙いは非日本人の目で捉えたこの火祭りの魅力と意味です。非日本人は日本人の良しとする日本文化の姿によく焦点を当てます。それは、近年のいくつかの地震、特に今回の東北大震災時に見られたような落ち着き、人間性、真の意味での思いやりと慈善、秩序などといった驚くべき事柄です。日本人の認める所のものは、世界をしばしば驚嘆させます。そうすると、世界のこの反響は鏡のような役割を果たし、日本人に自分たちの文化の深さと大切さを見せてくれるのです。10分間のこの映像を楽しまれ、どうぞご自由にコメントしてください。

Share
This entry was posted in イベント, ビデオ, 体験, 場所, 文化, 新宮市. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>