Category Archives: 新宮市

台風タラス(12号)被災地の上空からの写真

Share
Posted in イベント, ビデオ, 新宮市, 最新にユース, 熊野川, 自然 | Leave a comment

熊野速玉大社 スライド・ショウ

速玉大社、つまり大神社 “速玉” は、速玉神社とも言われ、市名の新宮、つまり新しい宮の名前の起源になっています。元宮は神倉で、そこでは毎年2月6日に新宮火祭り“お燈祭り”が行われます。熊野速玉大社は、神倉神社のところにある巨岩 “ごとびき岩” への信仰から始まりました。 このスライド・ショウでは、鮮やかな朱色の建物群が見る人に美しく迫りますが、この朱色は中国仏教の影響を受けているとも言われます。 速玉大社は三つの大神社、つまり熊野三山の一つです。他の二つは、本宮大社と那智大社です。これら三社とも、3日間にわたり熊野世界遺産を襲った巨大台風タラスの豪雨により、程度の差はあれ、被害をこうむっています。この熊野三山は、11世紀後半から上皇や貴族が熊野詣にやってきたところです。それを契機に、熊野は日本有数の巡礼地として栄光に包まれ始めました。上皇が何人も巡礼に訪れるようになると、熊野詣は一種の流行になって、武士や庶民、それに貧しいものまであらゆる階層の人たちがやってくるようになります。その往来の様子は “蟻の熊野詣” として有名になります。この熊野三山と、そこに至る熊野古道は、独特で重要な歴史・文化遺産です。熊野は2004年にユネスコ世界文化遺産に登録され、その価値が世界に認められるようになったのです。

Share
Posted in ビデオ, 場所, 文化, 新宮市 | Leave a comment

共育学舎でのインタビュー

私は最近、熊野川町の教育学舎を訪ねました。ここは熊野地方の新宮市の一部です。教育学舎を訪れたりそこで学んだりしたいと思われる人は、下記のウエブ・サイトをご覧ください。 http://kyouiku-gakusya.itrobo.net/ 日本語の分からない人は、saigusa@zb.ztv.ne.jp 宛にe-mail してください。 ユキさんが英語で返信します。

Share
Posted in ビデオ, 人々, 場所, 新宮市, 最新にユース, 熊野川 | 1 Comment

瀞峡周遊 第2部

この第2部(後半部)では、帰りの様子を映しています(この前に、第1部をご覧ください)。吊り橋で両岸に分かれている古い旅館が見えます。施設の半分は三重県側、残り半分は和歌山県側にあります。船旅の終点には小さな売店があり、そこでお土産を買うことができます。瀞峡は熊野を訪れる人には必見の地です、春と秋が特にいいですよ。

Share
Posted in ビデオ, 体験, 北山村, 場所, 新宮市, 熊野川, 自然 | Leave a comment

瀞峡の周遊 第1部

さあ、瀞峡の旅に出かけましょう。 できれば、瀞峡を実際に訪れるのが良いのですが、それまでは、このヴィデオ映像で雰囲気を味わってください。ふつうは、ジェット船でこの峡谷を周遊しますが、少し上流の小さな集落まで行けば、川舟での周遊もできます。私はいずれも体験したのですが、川舟のほうが味わいありました。瀞峡は熊野山中の奥深くにある美しい峡谷です。 峡谷を上流に進むと、切り立った崖、太古からの鬱蒼とした森林、独特の形状をした様々な岩塊が見えてきます。 これらの岩塊にはそれぞれの形状を現す面白い名がつけられています。 北山川のエメラルド・グリーンの清流は、国内外からやってくる自然愛好者にとって大きな魅力です。 この峡谷は吉野熊野国立公園にあり、和歌山・奈良・三重の県境に沿って続いています。ここを訪れるのに最も良い季節は春と秋です。 春は山桜やアザレアやツツジが満開、秋は木々の葉の豊かな色彩を楽しむことができます。

Share
Posted in ビデオ, 体験, 北山村, 場所, 新宮市, 熊野川, 自然 | Leave a comment

新宮お灯祭り 第4部

火祭りシリーズの最終部になりました。 今までいかがでしたか? 興味深い場面がいくつかありましたが、大人と子供が一緒に参加している場面もありましたね。ここでは心を混乱させる言葉はあまりなく、もし注意深くご覧いただけば、このヴィデオで日本文化の精神をたくさん学んでいただけます。 毎年2月6日、2千人以上の男性が、大人も子供も一緒になって、何百段もの石段をごとびき岩まで上り、神倉神社の境内に押し込まれます。日本人写真家のふつう狙わない情景を私は映そうと試み、まあうまくいったと思っています。つまり、狙いは非日本人の目で捉えたこの火祭りの魅力と意味です。非日本人は日本人の良しとする日本文化の姿によく焦点を当てます。それは、近年のいくつかの地震、特に今回の東北大震災時に見られたような落ち着き、人間性、真の意味での思いやりと慈善、秩序などといった驚くべき事柄です。日本人の認める所のものは、世界をしばしば驚嘆させます。そうすると、世界のこの反響は鏡のような役割を果たし、日本人に自分たちの文化の深さと大切さを見せてくれるのです。10分間のこの映像を楽しまれ、どうぞご自由にコメントしてください。

Share
Posted in イベント, ビデオ, 体験, 場所, 文化, 新宮市 | Leave a comment

新宮の火祭り 第3部

この第3部は、新宮市内の西村記念館の近くから始まります。 カメラは上り子たちを追って駅前本通りから速玉大社へ、そして神倉神社の入口へと向かいます。そこからさらに、2千人以上の老若小児の上り子たちの集まる山上まで追います。そこで目にするのは、彼らが最初の火を受け取るにつれ、ごとびき岩の下が明るくなる光景です。

Share
Posted in イベント, ビデオ, 体験, 場所, 文化, 新宮市 | Leave a comment

新宮の火祭り 第2部

この第2部は、上り子たちが三社詣りをする様子を追います。神倉神社へ向かう途中、市内の重要な神社にお詣りするのです。お灯祭りのヴィデオはたいていの場合、火祭りそのものを映します。しかしこのヴィデオでは、祭り本番へと向かう新宮市内の様子が映されています。これは熊野地方の主な祭りの一つです。新宮とは新しい宮を意味しており、それは速玉神社のことです。元の神社、つまり古い方の神社とは神倉神社のことであり、それは熊野権現を体現しています。もしあなたが熊野地方のユネスコ世界遺産を訪ねる計画をしておられるなら、1400年の伝統を持つこの日本の祭りに参加または見物されることをお勧めします。実に素晴らしい経験ですよ。お灯祭りに関する情報や参加に関する問い合わせは、新宮市役所へどうぞ。これは男の祭りです。しかし、女性もいろんな面で参加しているのです。

Share
Posted in イベント, ビデオ, 体験, 場所, 新宮市 | Leave a comment

新宮の火祭り 第1部

新宮の火祭りの前、参加する男たちはすべて、白い食べものと白い飲み物だけを飲食し白い装束に身を包みます。この出で立ちは、シロショウゾクあるいはシノショウゾクと呼ばれます。シノショウゾクとは、死者の着た衣装のことです。このヴィデオは装束を身に着ける男性を映しています。ふつう、荒縄を腰に巻きつけるのを誰かに手伝ってもらわねばなりません。今年(2011年)は、子供を含むあらゆる年代の男性2,200人が参加しました。都会からの参加者も多くいます。外国人の参加も歓迎されており、私はイスラエルの男性とシアトルからのアメリカ人にインタビューしています。上り子たちは装束を身に着け次第、三社詣りに出発します。これは市内の主な三つの神社にお詣りすることです。20年前までは酒がふるまわれたので、男たちは酔っぱらっていました。しかし、少し落ち着いた状態にするため、近年は、アルコールを含まない甘酒だけになっています。

Share
Posted in イベント, ビデオ, 人々, 体験, 場所, 文化, 新宮市 | Leave a comment

丹鶴城(たんかくじょう)の入り口

丹鶴城(たんかくじょう)の入り口のちょっとだけ。。。 Here is a quick shot of the Tankakujo (Tanaku Jo), or Tankaku Castle Ruins.

Share
Posted in ビデオ, 場所, 新宮市 | Leave a comment